■バックナンバー
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.hamabiz.jp/blog/blog.php?key=70747
2018年12月03日(月) 
以下の申し入れを送りましたので、公開をいたします。


国土交通省関東運輸局交通政策部消費者行政情報課 御中


鉄道部関連
東日本旅客鉄道について申し上げます。

本年11月30日、外房線と地域を守る会が1万2千の署名が提出。昨年の内房線と地域を守る会、本年秋には安食駅沿線住民団体提出と含め、トータルで2万6千人の署名が、当該鉄道会社に関わる問題で提出されています。
誠意ある対応が望まれます。


前回の
前回の申し入れで取り上げましたが。
内房線の真浦と小浦の2つの踏切での非常ボタン設置工事を確認。
大貫駅近くの新田踏切については、破損の検知器の改修は確認。しかし、踏切内の4つの縁石のうちの1つが事故の被害そのままで放置。
速やかな改修を求めます。
また、新田踏切と近隣の千種街道踏切については、3Dタイプの検知器への更新設置を求めます。



動物衝突について
あらためて、本年10月25日夜発生の内房線和田浦から江見までの区間、列車と動物との事故について、事故処理など経過の説明をいただきたいと思います。

この一週間、外房線の勝浦から鵜原の区間では、猿が線路沿いで列車の通過待ちしている光景や、御宿駅上り場内信号付近で衝突した狸と思われる死骸がそのまま放置を確認。

動物事故に関わる明確な安全対策を示すことがなければ、あらためて年明けの四季島の内房と外房の各線への通過運行は、待ったをかけるべきと考えます。



線路関係
外房線の東浪見から太東で8箇所、蘇我駅構内外房下本で1箇所、内房線の小櫃川鉄橋で1箇所の各所での線路の枕木ボルトなしが、全く改善がされていません。
目視ではっきりとは見えたものではありませんが、外房線太東駅の2番線線路の一部に、ひびにみえるような箇所を確認。



いわゆる木更津乗り換えの不案内問題
長浦、袖ヶ浦の各駅でなされている君津での総武快速と館山方面の列車の乗り換え案内について。

千葉・本千葉の各駅は紙の掲示の時刻表で
蘇我・浜野・八幡宿・五井・姉ヶ崎の各駅では電光掲示板と紙の掲示の時刻表で

それぞれ、君津での日中の下りの館山方面への案内をなぜ示さないのでしょうか。
昨年、千葉駅で病院帰りのお客さんが、日中、館山方面の列車が来るのをずっと待っていた問題が、無関係と認識をされているでしょうか。

すでに人事異動で退任された館山駅の前駅長は、


私たちはすこしでも利用をしていただくために努力をしている。その点を理解を。


という話を聞きました。
これとは真逆であります。
すみやかな改善を求めます。



那古船形駅について
来春、終日無人化が検討がされ、私は先月8日の千葉県知事宛、千葉県議会議長宛の要望文書でも取り上げました。
聞くところによれば、地元自治体は相当、苦慮されているようです。
行政側だけでなく、地元沿線住民も含めた、駅の利活用も含めた協議の機会が必要と考えます。


以上、当該鉄道会社へ働きかけをお願いします。

重ねて申し上げますが、この年末までに、2年ぶりに横浜のそちらへ来訪を検討をしておりますことを申し添えます。



平成30年12月2日
提出者住所
提出者氏名

閲覧数413 カテゴリ日記 コメント0 投稿日時2018/12/03 10:11
公開範囲外部公開
コメント(0)
  • 次項有コメントを送信
    閉じる
    名前 E-Mail
    URL:
■プロフィール
南房総のかずちゃんさん
[一言]
鉄道・福祉を中心に探求心と現場主義で。平成元年・国内旅行業務取扱主…
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み