■バックナンバー
■外部ブログリンク
■RSSフィード
RSS 1.0 RSS 2.0 Atom 1.0
■このブログのURL
http://sns.hamabiz.jp/blog/blog.php?key=67440
2018年02月06日(火) 
書名:あきない世傳 金と銀(四)
   貫流編
著者:高田 郁
発行所:角川春樹事務所
発行年月日:2017/8/18
ページ:287頁
定価:580円+税

高田郁の人気の小説です。図書館に申し込んでいたのですが270人位の待ちになっていました。この本を買った人がいて貰ったので、読むことが出来ました。1年に2冊ペースで書かれています。さていつ終わるのか?大阪商人の話でなかなかおもしろいです。

大坂天満の呉服商、五鈴屋の五代目店主の惣次とその女房幸が力を合わせて商いに励んでいたが、あまりにも幸の商才が抜きんでいる。それに比べて惣次なりにそれなりの商人ではあるが、幸を疎み始め、惣次の信用を一気に失う事件をきっかけに、著しく誇りを傷つけられ、店主の地位を放り出して姿を消す。もう二度と戻らないという惣次の決意を知ったお家さんの富久は、意外な決断を下す。幸は元の女衆に逆戻りか?次の跡継ぎは誰が?五鈴屋の存亡の危機に直面する。その中をどう生きていくか?

「買うての幸い、売っての幸せ」と教えられ、「商いは川の流れに似ている」「天から与えられた美しい色を欲得づくで汚さんよう、精進してこその商い」「どないな時にかて、笑いなはれ。笑うて勝ちに行きなはれ」「笑う門には福来る」
そんな気持ちで生きていく幸にどんな未来が見えてくるのか?なかなか楽しい物語です。次が楽しみですね。多分2018年2月次の第五弾が出るか?ちなみにこの貰った本と「未来の年表」を図書館に寄贈してきましたので、待っている人が少し減るかも知れませんね。

【書評】『あきない世傳 金と銀 貫流篇』髙田郁
http://www.webdoku.jp/cafe/katayama/20170921095748.html

閲覧数351 カテゴリ日記 投稿日時2018/02/06 19:02
公開範囲外部公開
■プロフィール
星の王子さん
[一言]
よろしくお願いします。
■この日はどんな日
■最近のファイル
■最近のコメント
■最近の書き込み